2014年12月28日

空と海のであう場所

空と海のであう場所 (ポプラ文庫) -
空と海のであう場所 (ポプラ文庫) -

読む人によって、読んだ時の気持ちによって、感じ方が大きく変わってしまう物語りだと思います。だから、きっと私の感想・レビューは余計なものでしょう。それでも私は、誰かを愛している人たちに、誰かを愛したい人たちに、誰かから愛されているのに自分では気がついていない人たちに、そして、誰かを愛し誰かから愛されている人たちに「この『空と海のであう場所』を読んでみたら?」と薦めたいと思います。誰かをもっと愛せるように、身近に愛すべき人がいることに気づくように、誰かから愛されていることに気づくように…

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ にほんブログ村 本ブログ ミステリー・推理へ
posted by 飛べないカカポ at 10:34| Comment(0) | 小手鞠るい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

好き、だからこそ

好き、だからこそ (新潮文庫) -
好き、だからこそ (新潮文庫) -


好き、だからこそ許せないことがある。好き、だからこそ言えない秘密がある。好き、だからこそ誰かを不幸に陥れたとしても手に入れたい愛がある。
 好き、だからこそ、風子は、自分以外の誰かとの時間を持ってしまったゴンちゃんへの気持ちが壊れてしまい、修復することができなくなってしまったのかもしれない。そして、許すことも、咎めることも選ばず、好き、だからこそ、好き、という気持ちを心の底に沈めた。

 好き、という気持ちは理屈では説明できないと言われるけれども、そこにこそ人間らしさが秘められているのかもしれない。しかし、もう一方で人間は生きて行かなければならない。誰かから手を差し伸べられることで、生を繋いで行くことができる。その時に生まれる情は、好き、ということと同じなのだろうか?

 小手鞠るいさんの世界に登場する女性たちは、いつも健気で自分自身の感情に正直に生きてゆく。その一方で、男たちは、情にほだされて自分自身の感情を真正面から見詰めることを避けているような気がする。

 それぞれの登場人物の立場や、過去に経験した出来事によって、新たな出会いの中に光と影が生まれる。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビュ

ーへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ にほんブログ村 本ブログ ミステリー・推理へ
posted by 飛べないカカポ at 06:03| Comment(0) | 小手鞠るい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

サンカクカンケイ



 小手鞠さんの作品は、エンキョリレンアイに続いて2作目。エンキョリの花音の人生も、紆余曲折だったが、あかねの人生も負けず劣らず曲がりくねっている。しかし、あかねは、悲しさを糧に新しい人生を切り拓く。

 『陽だまりの彼女』『天使の卵』と恋愛小説が続いたので、その流れで『サンカクカンケイ』を読んでみた。小手鞠るいさんの作品を読むのは、10月に読んだ『エンキョリレンアイ』に続いて2作目で、エンキョリの主人公であった桜木花音が登場するというサプライズ付きだった。花音の人生も、紆余曲折を経るものだったが、サンカクの主人公である広瀬あかねの人生も負けず劣らず曲がりくねっている。しかし、彼女たちは、悲しい出来事を糧にして逞しく新しい人生を切り拓いて行く。「エンキョリを再読したい」と思わせる爽やかな読後感に浸れる作品。

 この物語りの中からは、とても素敵なフレーズがたくさん見つかりました。その中のいくつかを、紹介したいと思います。『困難にぶつかった時、本当に頼りになるのは他人ではなくて、自分。自分の心。その心の中から滾々(こんこん)と湧きだしてくる、際限なく豊かで自由な「想像力と創造力」。言いかえると、頼りにできるのは「それしかない」と、』困難にぶつかった時、他人に頼って対処療法を講じたとしても問題を根本から解決することはできないのかもしれませんね。何がその問題の根本なのかを突きとめて、それに直接対処しよう!

 主人公の「あかね」は、「恋することは、自分が自分でなくなってしまうこと?自分を失うということ?」「自分を失うことはちっとも怖くないのに、わたしは龍也を失うことが、なによりも怖かった。」と独白する。あかねを手繰り寄せたり突き放したりする龍也には、何をもってしても埋めることのできない空洞があるような気がした。空洞がどのように出来たのか、彼がどうやって埋めてゆくのかということについては、描かれていないのだけれども、彼に関わる全ての人々が、頼り頼られることよって得られる充実と無縁のような気がした…


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビュ

ーへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ にほんブログ村 本ブログ ミステリー・推理へ
posted by 飛べないカカポ at 10:55| Comment(0) | 小手鞠るい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする