2016年10月22日

やっぱり英語力は必要?

アラモアナセンターにあるRomano's Macaroni Grillでの出来事…

1.拙い英語で予約をしようとする日本人…「あ〜私たちは、
 クーポンを持っています。夕食の予約をしたいのですが…」
「何名様ですか?」「9人です。」「9人!それでは、
 5時半にいらしてください。」私たちは、何故5時半しか
 予約できないかを説明する店員の英語を理解することが
 できませんでしたが、どうやら厨房が混まないうちに
 団体客をさばきたいという意図のようでした。

2.拙い英語で、メニューを確認する日本人…
「ティラミスには、エスプレッソが付いているとメニューに
 書いてあったような気がするのですが…」結論から言うと、
 日本語で書かれたメニューに紛らわしい部分があり、私たちと
 ウェイトレスとの会話は平行線になってしまいました。
 
 ウェイトレスは、誰かスペイン語が話せないか?と
 聞いていましたが、言語が通じないとレストランで食事を
 することすらままなりません。逆に言うと、英語ができれば、
 「外国人にとっては、日本語ができれば」仕事のチャンスが
 あるということかもしれませんね。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ にほんブログ村 転職キャリアブログ 職業訓練へ
posted by 飛べないカカポ at 11:42| Comment(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: